KAKUYA SHIRAISHI
Programmer / Artist


ACOUSTICLUB VOL.4

8月16日に、内幸町ホールで行われた「ACOUSTICLUB Vol.4」に出演しました。『LiveCoding Sessions – AI and a Human interaction.』を披露しました。


公式サイト https://mediainteraction.tokyo/acousticlubvol4/?fbclid=IwAR1K6RWQvy1IaQ263nwueFC6LIQlUZP8C1CMf5eCxvY_HPsolndpMPZEJyE
facebook ページ https://www.facebook.com/events/2109879382458567/
Tokyo Media Interaction アーカイブ https://mediainteraction.tokyo/portfolio/livecodingsessions_kakuyashiraishi/
この作品は、人間のライブコーダーと音響合成プログラミング言語を学習した「AI」がともにライブコーディングを行い、演奏及びデータビジュアライズを行う実験的パフォーマンスである。AIは、条件式の繰り返しを絶え間なく提案することで、人間には思いつかないようなコードを書き、アルゴリズムとして作曲し、そのまま生演奏する。演奏では、音響合成プログラミング言語であるTidalCyclesのコード生成と記述の部分にAIを用いており、パフォーマンス中、AIは画面上のエディターに表示されるコードを生成している。そこから生まれる演奏情報を聞き、パフォーマーは音色のコーディングをしつつ、AIの生成結果をナビゲートし、音を作り上げていく。AIの生成結果を人間がナビゲートすることで、人間とAIの間の相互補完をライブコーディングを通じて実現する。ひとりでに書かれていくテキスト、次々に実行されていく命令により鳴る音を視覚化することで、実体のないAIの存在を想起させる。AIが人間とは異質なままそこで完全自律的に人とパフォーマンスを続けることで鑑賞者は実体のないAIの存在を理解するとともにシステムとして外部化されたAIを考えさせる。
This works is an experimental performance, executing the musical performance and data visualization through the collaborative efforts of a human live coder and the AI coder which has acquired the sound synthesis programming language. By continuously giving condition oriented repetitions to the AI, it writes codes unthinkable to humans, creates an algorithmic-based compositions, and performs the compositions. I use the AI to generate cords with the sound synthesis language “TidalCycles” for the performances. During the performance, the AI is generating the cords appearing on the editor sector on the screen. Listening to the performance information generating from there, the performer codes the acoustical characteristics, as well as navigates the AI’s generative outputs, and creates the sound. By having a human to navigate AI’s generative outputs, we aim to have a mutually complemental live coding with humans and the AI. We are reminded the state of the AI without any physical and graspable existence, as we see the auto-generative texts, as well as the visualization of the task-oriented sounds. I hope through this work, where the AI works in complete independence and performs alongside a human, the audience has the chance to understand the ungraspable state of the AI, as well as think of it as an externalized system.

トレーラー

アーカイブ




SNS