KAKUYA SHIRAISHI
Programmer / Artist


takeo paper show 2018 「precision -精度を経て立ち上がる紙-」

2018年6月1日(金)から6月3日(日)にかけて表参道スパイラルホールで行われたtakeo paper show 2018 「precision -精度を経て立ち上がる紙-」に永原康史さんの作品の制作協力として参加しました。情報を載せるという紙の役割に着目し,デジタル情報とエンボス手法を用いて,紙の持つ重要な要素である「風合い」をつくる。テキストデータ,芸術衛星からの受信データ,AIが書くコード,三つの情報が描き出す風合いのプロトタイプ。 このうちのAIが書くコード、未知の風合いをテーマとした作品の協力をしました。 また、10月5日(金)から10月7日(日)にかけて、グランフロント大阪にてtakeo paper show 2018 「precision」大阪展も行われました。

Webサイト http://www.takeopapershow.com/




SNS